【#8.ビタミンCを計ってみよう!】

#8 SHIKOU SAKUGO LAB

ビタミンCを量ってみよう!!!

Category/

イベント

Q.どんな実験ですか?

A.「市販のうがい薬を使って、身の回りにあるモノに、どのくらいビタミンCが含まれているのか?」を実験します。

炭酸飲料・果物系のジュース・野菜など、様々なものに含まれているビタミンCを、科学の力を通して、自分の目と手で学んでいく時間になります。

今回は、日常でよく見かける緑茶やフルーツ系のジュースなどの液体を使って、どのくらいビタミンCがあるのかを、複数人のグループ形式で実験していきます!

きっと、あなたの知らないビタミンCの世界が広がっているはず!!

また、ビタミンCが関与する体の臓器についても学ぶので、今後の理科の勉強に役立ちます!

Q.今までどのような子供達が実験に参加しましたか?

A.今回は、小学校3年生~中学3年生に順ずる年齢の子達がおすすめです!

シコウサクゴLABの実験の多くは、科学が好きな子も、初めての子も、新しいことがしてみたい子も、様々な子供達が参加します!

▼過去の参加理由▼

「今まで本や動画で見るだけだった科学を、自分の手で実験してみたい!」

「科学が好きで、色々な実験に触れたい!」

「最近、新しいことをはじめてみたくて!」

「座るよりも、手を動かして学んでみたい!!」

科学が得意な子ももちろんのこと、科学実験初心者のお子様方は大歓迎です!

Q.この実験教室が大事にしているものは何ですか?

A.「1人1人が自分の手でやってみる!」ことを大事にしています!

多くの科学実験教室や学校の授業では、1人の先生に対して20人以上の生徒の形式が多く、配られたマニュアル通りに実験をして、反応見ることで終わることがほとんどです。

ですが、こちらのLABでは、仮説検証の過程に重点を置き、「変化した!」のような科学体験するだけでなく、「なんで、こうなるんだろう??」に対して試行錯誤できる授業設計にしています。

なので、科学実験の過程から、失敗する経験、自分で解決していく力、モノ事への探究心を養っていくことを目的としてます。

保護者様へ

こちらのLABでは、メンター側から見えた実験教室での子供達の様子を、後日メールにて共有させていただいています。

子供の多くの時間が家と学校が占める中で、第3の場所からの客観的な情報は、保護者様にも新しい気づきがあります。実際に、子供の様子を知り得た多くの保護者様に「今まで、そのような姿は気づかなかった!」等の声をいただいています!

ぜひ、この機会に”子供達から離れる時間”を作り、いつも近すぎて見ることのできない子供の姿に出会うことを体験してみてはいかがでしょうか?

スケジュール

■日時: 12/12(日)  15:00-17:00

■参加費:2500円

■定員:8名

■参加対象:小学3年生~中学生3年生に順ずる年齢

■場所:サードプレイス・Bird(駐車場あり)

\ 申し込みはこちらから /

申し込みフォーム

直接施設への申し込みも可能です


講師:りゅうせい

熊本大学大学院医学修士1年

精子と卵子の研究をしています

薬学4年☛医学1年目。熊本歴5年


\ 過去の実験の様子を見る/

#1 顕微鏡で、クロの世界を覗いてみよう!! 7/19

「小さな世界は何が見えるのかな?」。結晶から卵細胞まで、様々な世界を覗き、参加者にとって、新しい発見がありました!

#2 巨大シャボン玉を作りだせ! 8/3

「割れないシャボン玉ってできるの?」。液体の配合を試行錯誤しながら、各々のオリジナルのシャボン玉を作製していきました!

#4 「机に座るだけが学びじゃない」空飛ぶ自主室 8/8

「自習室に様々な学びがあれば、人と知を育むことができるんじゃないか?」。自習室に社会問題や英会話、性教育などを取り入れた”自主室”第1弾です。

#3 飛ばせ!!ペットボトルロケット 8/5

「どこまで君は飛ばせるか?」。自分だけのお手製のロケットを作り、水の量を変えてどこまで飛ぶかを研究していきました!

\ メインページを見る /